大掛かりな大規模修繕は計画的に行なおう!

男性

マンションの大規模な修繕

玩具のマンション

外壁の修理と塗装を行う

東京には古いマンションが多いため定期的に大規模修繕を行って、建物の劣化している部分を修繕する必要があります。東京のマンションは一般的に建てられてから、10年したら大規模修繕を行うように設計されています。また年数が経っていなくても大規模修繕が必要だと判断された時には、早めに工事をして修繕することが大切です。マンションの大規模修繕で行われる工事としては、外壁の修繕をすることが多く、検査をして傷んでいる部分を修理します。外壁は劣化状況によって修繕の規模が変わってくるため、検査を行ってから外壁工事の規模を決めます。東京のマンションで外壁の修繕をする時には、足場を組む必要があるため工事の期間は長くなります。大規模修繕で外壁の修理をする時には、タイルの浮きやひび割れを直すだけでなく、コンクリートのひび割れや手すりの修理も行われます。東京のマンションでは外壁の工事と一緒に、外壁塗装を大規模修繕で行うことが多いです。大規模修繕で外壁塗装をする場合には、塗装をする前に外壁の洗浄をして汚れを取ります。外壁の塗装は防水の役割を果たすだけでなく、断熱効果や紫外線を遮ることによって建物の劣化を防ぎます。年数が経つと塗装の効果が落ちてくるため、東京のマンションでは大規模修繕のときに外壁塗装を行います。また外壁の修理や塗装だけでなく、防水工事も大規模修繕で行われることが多く、ベランダや屋上の防水工事をして建物を水の浸入から守ります。