大掛かりな大規模修繕は計画的に行なおう!

ヘルメットを持つ人

大まかな流れと細かな内容

作業員

大規模修繕工事は大まかな流れは同じですが、検査を受けた結果や予算の影響によって細かな工事内容には違いが生じます。工事内容として構造に近い部分から外側へ向けて物理的修繕、塗装、防水といった流れで行われるのが基本です。

リフォーム会社が便利

工事現場

大規模修繕の見積もりには無料で行ってくれるリフォーム会社が便利ですが、専門業者として工務店なども相談してみるのが良い方法です。慣れていない会社の場合には修繕自体は問題なくても周囲にまで目が届いていない場合があります。

実施計画の提案がメリット

マンション

行き届いた計画の立案

マンションなどの修繕が必要になったときには規模が大きくなりやすいのが特徴であり、簡単にDIYでできるようなものではありません。大規模修繕と呼ばれるのはそれが理由であり、積み立ててきた予算を使って大々的な修繕を実施するのが一般的です。このときに業者に相談するメリットとして、実施計画をプロの視点から考えて提案してくれることでしょう。問題が浮上したことや当初計画から考えてそろそろ大規模修繕の実施時期だと判断して検討段階に入るのが一般的です。しかし、具体的に塗装などをたった今行う必要があるのか、どのような工法を選ぶのが最適かといった点は素人に判断するのは難しいでしょう。建物の検査を行って、現状として行っておくべき修繕内容の取捨選択を行い、建物の状態に応じた方法を選択してもらえるのはメリットです。それに加えて、修繕積立金として確保してきた予算に応じて施工内容を検討してもらえるでしょう。大規模修繕は一度で全てを行うべきとは限らず、まだ数年間は問題ないというものをあえて残す場合もあります。その際には将来を見越して積立金を残す必要も生じますが、その資金計画も加味して実施計画を立案できるのは専門知識が豊富で実施経験も多いプロだからこそできることです。大規模修繕の実施計画が立ってからも承認してしまえば後は大半の作業を任せてしまうことができます。工期が長くなりやすいものの、その具体案も出してもらえるので住人などへの影響も考えて実施時期も決定しやすいのもメリットです。

マンションの大規模な修繕

玩具のマンション

東京で行われる大規模修繕では外壁の修理や塗装を行うことが多く、マンションの劣化状況に応じて修繕の規模が変わってきます。傷んだ建物をそのままの状態にしておくと、雨漏りなどのトラブルが発生するため、東京では定期的にマンションの大規模修繕が行われています。